FC2ブログ
アジアンジャズ『森の詩』第7曲『風の回廊』
- 2021/12/14(Tue) -
アルジェリアにはタッシリ・ナジュールという壁画洞窟がある。
この地はまさしく乾いた風が吹き抜けるサハラ砂漠の奥地。
タシリ風景2
そこに1万年以上前に描かれた素晴らしい壁画の数々がある。
人、動物、正体不明の人物群などなど。
どれも生き生きとしたタッチで描かれている。
そう、この地は砂漠ではなく1万年前は草原だったのである。
タシリ動物2
風のように絶えず移動を続けた人類の祖先。
その先には果たして理想郷はあったのだろうか。
deep forest表

deepforest裏

森の詩/第7曲『風の回廊』


曲集『森の詩』音楽覚書へ



この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アジアンジャズ『森の詩』第6曲『ゆく道々には』
- 2021/12/13(Mon) -
道をゆく。ひたすら道を歩く。若人、老人、赤子、様々な年代の人々の
理想郷を求めての行進。その先に本当にあるのだろうか。
理想郷というものが。
ケルト道
ケルトの民は文字を持たなかった。
その為古代ケルト民族を直接うかがい知るのは、
ローマ人、ギリシャ人の文献を通してしか知ることが出来ない。
最果ての地で素晴らしいケルト文化を作り上げたケルトの民。
今、その民のことを想う。
ケルトアート

deepforest裏

森の詩/第6曲『ゆく道々には』


曲集『森の詩』音楽覚書へ




この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アジアンジャズ『森の詩』第5曲『ラスコーの歌』
- 2021/12/12(Sun) -
洞窟に壁画を描いた民衆の気持ちを思う。
狩猟に明け暮れる中、未来を思う気持ちと、日々の平安を願う心。
2 万年も前に描 いた人々も歌を唄い絵を描き願い事をする、
変わらずある願いは現代人と同じはずだ。
ラスコーとはスペインにある壁画洞窟のこと。
Lascaux2.jpg
この壁画を描いたのは、自分たちの祖先クロマニョン人とされる。
今から2万年以上前のことだ。
日本でいうと縄文時代が始まる前。
生活様式を見ると現代のアイヌ民族の中に見られる様式が数多くある。
この時代の人の心にどんな歌があったのだろう。
今、それが知りたい。
deepforest裏

森の詩/第5曲『ラスコーの歌』


曲集『森の詩』音楽覚書へ




この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アジアンジャズ『森の詩』第4曲『地平とおく』/NewTango
- 2021/12/12(Sun) -
 アジンジャズ『森の詩』4曲目『地平とおく』である。
ヨーロッパを席巻していた古代ケルトの民は北へと移っていく。
民族の中で統治組織を持っていないケルトの民は屈強な組織のローマ軍になすすべがなかったのである。
地平遠くにある理想郷を求め北へ北へと向かった古代ケルト人。
今、彼らの気持ちを察してみる。
オーロラ/白夜
北欧の国フィンランドにはタンゴがある。
一説にはフィンランドがタンゴが発祥の地という説もある。
若干大人しめだが、明らかに紛れもないタンゴ。
白夜のタンゴである。
この音楽良く調べてみると、タンゴはラテン音楽という感が強くなった。
地平とおく安住の地を求める古代ケルト民族とタンゴ。
妙に融合している。
deepforest裏

森の詩/第4曲『地平とおく』


曲集『森の詩』音楽覚書へ
この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アジアンジャズ『森の詩』第3曲『太陽は沈まず』
- 2021/12/11(Sat) -
 夏の北欧の太陽は沈まない。『白夜』である。
これは有史以来何万年も変わらない自然現象だ。
ケルトの民は、その特殊な自 然環境の中で多くの童話、逸話、叙事詩を書いた。
その多くが妖精を主題にしたものだが、特殊な自然環境から生まれるそ れらの文学はとても素晴らしい。
ケルト象徴
ケルトの民の思想はすべてのものに神が宿るとするアニミズムに代表される。
また、渦巻き模様に代表される美術表現も卓越したものとされる。
deepforest裏

森の詩/第3曲『太陽は沈まず』


曲集『森の詩』音楽覚書へ





この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アジアンジャズ『森の詩』第2曲『アルタミラの風』
- 2021/12/10(Fri) -
スペイン北部、カンタブリア州のアルタミラ洞窟に 2 万年以上も前に描かれた洞窟壁画がある。
薄暗い洞窟の中に驚くべき 動物が躍動する壁画。
アルタミラ洞窟絵
この壁画を描いたのは、人類の祖先ネアンデルタール人とされる。
森の中で日々の狩猟に明け暮れる日々。
そんな中でも現代人と同じように日々の平安を祈ったのだろうか。
deepforest裏

森の詩/第2曲『アルタミラの風』


曲集『森の詩』音楽覚書へ



この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>