FC2ブログ
12.和製ジャズ温故知新2019/ジャズブームの終焉と江利チエミ
- 2019/03/22(Fri) -
モカンボセッションで日本のモダンジャズ幕開けとなったが、モダンジャズが
大衆の音楽とはならない。
大衆の欲していたものは、軽音楽という日本語の歌入りのジャズ、歌謡曲
を欲していたのである。

ジャズブームの最中の1952年、日本にとって最も重要な「日米安全保障条約」
が発効される。 この発効により、占領軍は駐留軍となり規模を縮小して
日本に残ることとなる。

基地周りをしていた日本人ジャズマンは、基地以外でも演奏するようになり
ジャズブームに貢献するのである。

そのような中、キャンプ周りで鍛えた歌唱力とジャズフィーリングを日本人の
もともと持っていた「コブシ(節)」を取り入れ登場した歌手が「江利チエミ
である。
江利チエミ
彼女は幼い時からキャンプ周りで身に付けた、黒人のジャズフィーリングと
日本人の心の底流に流れる浪花節の要素をあわせ、「テネシーワルツ」を歌う。
この歌は瞬く間に日本人の心をつかみ、一躍アイドルのような存在となる。
1953年のこの時期同じように、「思い出のワルツ」で雪村いずみがデビューする。
 雪村いずみ 
ジャズと邦楽フィーリングをあわせた江利チエミ、ミュージカルの歌い方をベースにした
雪村いずみ、演歌の美空ひばりをあわせて元祖!「三人娘」として時代をつくる。
美空ひばり 
敗戦によって傷ついた大衆の心には、舶来音楽のジャズよりも歌謡曲を
ベースにした、歌謡ポップスの方にブームは移り、ジャズブームは終焉する。




この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
11.和製ジャズ温故知新2019/幻のモカンボセッション
- 2019/03/20(Wed) -
戦後のジャズシーンを語る上で欠かせない人物がいる。

天才ピアニスト守安祥太郎である。
モカンボ2 
バップピアニストのバド・パウェルを徹底的に研究した彼は、
この時代スイングスタイルのピアノ奏法が多い中、いち早く
ビバップのスタイルを身につけた存在で知られる。

彼は、奇癖を持っていたらしく、いわゆる曲弾きと呼ばれる曲芸のように、
ピアノの下から手だけ出して弾いたり、椅子に後ろ向きに座り右、左反対に
弾いたり、さらにステージで踊りだすという変わった人間だった。
今ならさしずめキースジャレットか?

そのような才能に恵まれた守安も躁鬱病で1955年32歳で自害してしまう。
その守安が歴史に名を残すのは、日本で初めてのジャムセッション1954年
ナイトクラブ「モカンボ」のセッションがあったからである。セッションは3日間。
現在残るものは3日目のセッションのもので、手製の重量級テープ・レコーダーに、
強く引けば切れる紙テープという、今では考えられないような代物を駆使して
録音が行われた。
 モカンボ1 
メンバーは守安祥太郎、秋吉敏子、ハンプトン・ホース、石橋エータローのピアニスト、
サックスは宮沢昭、渡辺明、五十嵐明要、渡辺貞夫、与田輝雄、海老原啓一郎
ベースでは金井英人、滝本達郎、ドラムでハナ肇、清水閏、五十嵐武要、原田寛治、
そして杉浦良三(vib)や高柳昌行(g)等だ。沢田駿吾と植木等もいる。

面々を見ると日本でいち早くモダンジャズを身につけたメンバーばかりで
後に日本のジャズシーンを牽引していく、渡辺貞夫が入っているのが興味深い。
モカンボ3
演奏は守安と宮沢が清水潤のドラムに鼓舞されて入魂の演奏を繰り広げる。
特に守安がビ・バップを自分の音楽としているのに驚く。

ここに集まった演奏家たちはその後それぞれの道を歩むことになるが、
日本のモダンジャズのスタートはこの夜にあったといっても過言ではない。

I WANT TO BE HAPPY (MOCAMBO SESSION ’54)
演奏:宮沢昭(ts) 守安祥太郎(p) 鈴木寿夫(b) 清水潤(ds)



この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10.和製ジャズ温故知新2019/CBナインと舶来主義
- 2019/03/18(Mon) -
1952年から起こった戦後のジャズブームは55年には下火になる。

52年ジンクルーパトリオ、53年ルイ・アームストロング・オールスターズ、
JATPオールスターズと相次いで来日し、日本のジャズファンは本場の圧倒的な
演奏とスイング感に打ちのめされるのである。

そこで日本のジャズファンの中に起こったことは、ジャズはアメリカ!という舶来主義
と日本のジャズを大切に!しようと言う国内支持派に皮肉にも分かれてしまい、そのこと
が原因となりジャズブームは下火となっていく。
その欧米に偏った舶来主義は2019年の現在でも続いている。

そんなこととは関係なく、ジャズの追求に余念のないミュージシャンは
ジャズブームが来る前の1949年、本格的なビ・バップバンド『CBナイン
(クランベークナイン)』を結成する。

中心にはリーダーで編曲もやる馬渡誠一(as)、海老原啓一郎(as)、北里典彦(tp)、
清水閏(じゅん)(ds)。戦中は敵性音楽として禁止されていたJAZZが、戦後なだれの
ごとく入って来て、それを受止めるミュージシャンも大変だったに違いない。
そのJAZZの流れを的確に読み、いち早くバップ・イディオムを身につけた馬渡誠一
や海老原啓一郎は一歩先を行く存在だった。
さらにジーン・クルーパに酔っている時代にビ・バップのリズムをたたき出そうとした
清水閏の存在も大きい。

このグループには松本英彦(Ts)も在籍した。CBナインは大きな功績を残すも
2年間の活動で解散となり、ジョージ川口とビックフォー渡辺晋とシックス・ジョーズ
与田輝雄とシックスレモンズを頂点とするジャズブームにつながっていく。

映像はCBナインのメンバーを中心に編成された、『スイング・ジャーナル・オール・スターズ』

『スイング・ジャーナル・オール・スターズ』
北里典彦(tp)
林 一(tb)
海老原敬一郎(as)
厚母雄二郎(ts)
松本英彦(ts)
塩井芳幸(bs)
寺岡真三(p)
荒井襄(g)
小原重徳(b)
清水潤(ds)
安藤八郎(vib)


この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
9.和製ジャズ温故知新2019/戦後ジャズブーム到来
- 2019/03/16(Sat) -
戦後の日本に空前のジャズブームがやってくる。
1952年から55年の頃である。

1945年の終戦以来多くのジャズバンドが誕生した。
それを後押しするように、52年ドラムの名手ジン・クルーパトリオが来日する。
ジーンクルーパ 
ジン・クルーパといえばベニーグットマン。と、いえば、『シング・シング・シング』
と、いえば、ジン・クルーパというほどジャズファンのみならず一般にも知られた
存在である。 盛り上がらないはずはない。

もう一つ後押しをしたのが、53年にノーマン・グランツ率いる
J・A・T・P「ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニー」が来日する。
この時は、オープンカーで銀座をパレードしたらしい。
来日メンバーは
◎ロイ・エルドリッジ(TP)
◎チャーリー・シェイヴァース(TP)
◎ビル・ハリス(TB)
◎ウィリー・スミス(AS)
◎ベニー・カーター(AS)
◎フリップ・フィリップス(TS)
◎ベン・ウェブスター(TS)
◎オスカー・ピーターソン(P)
◎ハーブ・エリス(G)
◎レイ・ブラウン(B)
◎J・C・ハード(DS)
◎レイモンド・チュニア(P)
◎ジーン・クルーパ(DS)
◎エラ・フィッツジェラルド(VO)
JATP.jpg 
この豪華メンバーを見たら銀座のパレードもうなずける。

そして、だめ押しに同年ルイ・アーム・ストロング・オールスターズが来日し
ミュージシャン、ジャズファンにジャズの本場の圧倒的なパワーを見せつけ
大きなインパクトを与えジャズ・ブームに拍車をかけた。
ルイ 
写真は日本最高の人気グループだった『ジョージ川口とビックフォー』。
びっく42
ジョージ川口(ドラム)中村八代(ピアノ)小野 満(ベース)松本英彦(サックス)








この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
8.和製ジャズ温故知新2019/ジャズとGHQ
- 2019/03/09(Sat) -
戦後から2年後の1947年、GHQ終戦連絡中央事務局の要請で
日本ミュージシャンズ・ユニオン』が結成される。
この年ジャズ雑誌『スイングジャーナル』が創刊される。(2010年廃刊) 
Swing20Journal20-20196204.jpg 
これは言ってみればバンドの格付け審査で、審査はGHQスペシャル・サービス
の立会いで、特別調達庁から委嘱された紙恭輔、渡辺弘、ディック・ミネ、南里文雄らが行なう。

現在の渡辺プロダクションを始めとする戦後の芸能プロダクションの専属タレントの報酬制度は
、この格付け審査を踏襲したものである。

また、この時期非公式に日米親善を目的として、多くのダンスパーティーが開かれる。
このパーティーには、アメリカ側から占領政策の中枢を占める高官が、日本側からは皇族、
政財界の実力者が顔を揃える。 この政策のメッセンジャーをつとめたのが『渡辺 弘と
スターダスターズ
』をはじめとするジャズメンたちである。

戦後占領軍の力で発展しようとしたジャズバンドは、その代償として占領政策の忠実な
メッセンジャーを務めることになるのである。
このことが、後にアメリカナイズの風潮として日本の上流階級を腐蝕し、庶民階級にも
外国崇拝舶来ブームの風潮を拡げていく。
その影響は日本社会に長く尾をひき、戦後の音楽芸能の世界にその後も深く広く根を張る
ことになる。

■STARDUSTERS - SWING FANTASY ■演奏:渡辺弘&スターダスターズ ■編曲:黛敏郎




この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>