FC2ブログ
あれとこの機材
- 2019/04/13(Sat) -
 山の仕事場の雪溶けも進んでいる。
この分では5月上旬には雪も消え桜も咲く時期になった。

新しい録音を始めるにあたり、新種のプラグインを物色している。
そんな中でも目をつけているのが、2つのプラグインだ。
一つは『izotope Neutron2』
Neutron2.jpg 
これはミックスダウン時の支援ソフト。
チャンネルから音を読み込み自動的にバランスを取るソフト。

もう一つは『izotope ozone8』
ozone8standard.jpg 
これはミックスしたものを最終段階でバランスを
取りマスタリングを自動的に行うもの。

ここでの音楽創作時は以下の進行で行う。
構想〜作曲〜編曲〜演奏〜録音〜ミックス(編集)〜マスタリング
これを一人で行うのである。構想、作曲は一人。
これには通常専門家が各分野の人間がいる。
人数にして約6人。
スタジオ2019
この作業を35年来一人でやっているが、
やや見えてきたことに、録音までは一人でできるが
編集作業からマスタリングは純粋な音楽制作とは違う
エンジニアの世界であるということ。
嫌いではないが、非常に疲れる。
できば誰かに代わってもらいたい。
そこで先のプラグインの登場である。
何でも出来るわけではないが、相当助かる。

これもコンピュータの性能がが進んできたせいもある。
しかし、こういう便利なものにも落とし穴は必ずある。
アナログとデジタルのせめぎあいはまだまだ続く。



この記事のURL | MIND JAZZ機材環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
20.和製ジャズ温故知新2019/最終回ジャズからフージュンへ
- 2019/04/06(Sat) -
和製ジャズ温故知新2019の最終回である。

1960年から日本のジャズを積極的に創ろうという動きは、
新世紀音楽研究所(高柳、金井、富樫、菊池ら)の動きと
相まり、フリージャズの手法にむかう。

これは、ジャズだけではなく現代音楽の場面でも、十二音技法
トータルセリー、シンセサイザーの導入、偶然性の音楽
チャンスオペレーション)を使った前衛的な手法を模索する。
当然であるが、フリージャズも十二音技法も一般人には
受け入れられることはない。

ジャズはフリージャズに向かう事でより一層混沌として崩壊する。
また、現代音楽も進んだ理論に押しつぶされるように、ジャズと同じ道を
たどる。70年代に入り、ジャズは電子音楽、ロック、アフリカンミュージック
とつながり「フュージュン」として活路を見出す。

この時期日本でもフリージャズを経験し、さらに新しいジャズをつくる
為、菊池雅章、日野皓正、渡辺貞夫らを中心に日本のジャズが動いてゆく。
ここまで来てはっきりするのは、フュージュンの流れにうまく乗る者、
時流に乗り切れず50年代のジャズに戻る者と、はっきり分かれてゆくのである。

20回にわたり、1920年代からから1970年まで日本のジャズを見てきた。
そこから見えるものは、日本人の特質とも言える「新しいものを取り込んで
変化させる技術」、それとジャズそのものが持っている、「どんどん変質し
生まれ変わろうとする本質」
である。

その先にジャズがどうなっていくかは、今も現在進行形のままである。
20の1




この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
19.和製ジャズ温故知新2019/希代の天才ドラマー富樫雅彦
- 2019/04/05(Fri) -
ジャズ界の中で○○の天才という言葉をよく使うが、富樫雅彦はまさしく、
その言葉が当てはまるだろう。

1940年生まれ。 幼少からヴァイオリンをはじめ、13歳でドラマーを目指す。
14歳(中学2年)にはチャーリー石黒率いる東京パンチョスでプロ活動していた
というから大変な早熟である。
又、10代から八木正生トリオ、秋吉敏子コージー・カルテットなど複数のグループ
でドラマーとして活躍、天才ぶりを発揮する。
19の1
その後、高柳昌行、金井英人らの作る「新世紀音楽研究所」に参加、
1963年「銀巴里セッション」に23歳で出演。
以前にも書いた「新世紀音楽研究所」はメンバーそれぞれがフリージャズの
要素の強いメンバーが多く、富樫もまた当然のようにフリージャズに傾倒していく。

欧米のジャズはオーネット・コールマンの出現により、フリージャズが盛んになる。
1960年後半の欧米はベトナム戦争反対の世論真っ盛りの時期で、音楽だけではなく
あらゆる芸術活動が混沌として、活況をていしていた時代である。

日本もまた、60年代後半は60年70年二つの安保条約による影響で、社会状況は
混沌として音楽、芸術活動は活況を呈していた時代である。
19の2 
しかし、そのような時代でもフリージャズ、現代音楽は時代の主流に
なる事もなく、また民間に注目を集める存在にはならない。
しかし、人間の欲望、混沌を表す一つのツール(ジャンル)として、
フリージャズは一部の市民のから支持されるものになっていく。


1970年富樫は不慮の事故により、ドラマーの生命線と言われる、両足を失う。
普通はそこでドラム生命が断たれるものであるが、天才富樫は両手のみを使い、
常人と同じように繊細なスイングから豪快なパーカッションまでを叩き分けた。

その後、ドン・チェリー、スティーブ・レイシー、チャーリー・ヘイデン、
セシル・テイラー、マル・ウォルドロン、ゲイリー・ピーコック、
リッチー・バイラーク、ポール・ブレイ等の海外演奏から名指しで共演を求められる
ほどの精神性の高いジャズ世界を作り上げる。

しかし、2002年に体調不良の為演奏を休止。作曲、絵画製作に専念。
そのような彼も2007年67歳で生涯を閉じる。

今でもジャズ演奏家の語り草となるのは、「両足のあった富樫は本当にすごかった」という。
その演奏を本当に聞いてみたかった。
19の3 



この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
18.和製ジャズ温故知新2019/Break time.ベースの鬼才金井英人
- 2019/04/04(Thu) -
ここで少し歴史をBreak timeとして、個人に光を当てたい。

70年代を牽引したジャズメンに渡辺貞夫、日野 皓正、菊池雅章の3人というのは、
異論のない所であるが今回は、ベースの鬼才「金井英人」を取り上げたい。
18の6    
生まれは1931年(昭和6年)東京生まれである。
高校卒業後、南里文雄とホット・ペッパーズ、
西条孝之助とウェスト・ライナーズ、ジャズ・アカデミー・カルテット
(高柳昌行、富樫雅彦、菊池雅章、金井英人)を経て
1962年 高柳昌行と『新世紀音楽研究所』を設立する。

「新世紀音楽研究所」というのが70年代につながる、重要な役割を果たした
研究会である。1963年の幻の「銀巴里セッション」も金井英人なしには
開催されなかったという。

60年代から日本のジャズシーンを底辺から支える役割をして、ベース
という楽器の特徴を最大限に生かし、オーソドックスジャズから
フリージャズまで幅広い活動を行った。
18の5 
特に旧ソ連、アメリカ(ロスアンゼルス、サンフランシスコ、ハワイ)、香港、上海、
ネパール、ペルー、ポーランド等、海外を股にかけた、絵画、詩とのコラボレーション
を始め、舞踏家大野一雄とのコラボレーションを行うなど、日本のコンテンポラリー
ジャズのアプローチの第一人者と言える。
  
彼のスタイルは、チャーリー・ミンガス、デューク・エリントンから大きな影響を受けながらも
ジャズと現代音楽の狭間で演奏し続けた、希有な演奏家である。

日本独特の間を取り入れた奏法、どんなジャンルとコラボーレーションをしても
日本人のルーツを感じさせる重厚なベース。
18の1   
そのような希有な存在も2011年81歳で亡くなる。
亡くなる直前まで、ベースをかき鳴らしていたという、根っからのジャズマンである。

いま、日本にはこのようなベーシスト(ジャズマン)は本当にいなくなってしまった。
本当に残念である。




この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
17.和製ジャズ温故知新2019/武満徹とジャズ
- 2019/04/03(Wed) -
和製ジャズを見つめる温故知新、現代音楽作曲家武満徹
とジャズのつながりを考えたい。

戦後のジャズブームを終えて、1960年中頃から一段と
フリージャズの影響が出てくる。
前回のコラム「銀巴里セッション」もその一つの流れと考えられる
のかも知れない。

海の向こうではオーネットコールマンが現れ、一段とジャズが混迷を
深めていく。
17の1
そのような中に同調するように出てきたのが、武満徹である。
一般人にはほとんどなじみのない現代音楽作曲家という肩書き
を持っているが、映画音楽での彼の作品も大変素晴らしいものだ。

音楽作品を知らなくとも、黒沢明の「乱」、「どですかでん」、篠田正浩
の「はなれ瞽女おりん」勅使河原宏「他人の顔」をはじめとして、60年代
から70年にかけて膨大な映像音楽を作曲している。
その重要な要素に彼は、ジャズ手法を多数用いている。

スイングジャズの伝統的手法、デューク・エリントンのビックバンド手法
そしてフリージャズの手法まで用い、当時現れたジョン・ケージを始めとする
録音技術を用いたミュージックコンクレートまでも用いている。
17の2 
1960年代後半は戦後の混乱とは違う、高度経済成長の最ただ中である。
戦前の日本人の価値観が崩壊し、戦後新しく価値観を生み出そうとしている
混迷の時期とも言える。

そのような時期に現代音楽、ジャズ、美術、評論、映像に精通している
稀な作曲家武満徹が活躍する。

その後、彼は日本人独自の世界を彷彿させる「武満トーン」を作り上げ
世界のタケミツとなって行く。

勅使河原宏監督「ホゼー・トレス」より
武満徹作曲「トレーニングと休息の音楽」





この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>