FC2ブログ
『Spirit of Asia/アジアの香り』各曲制作ノートNo.7  『地平の向こうへ』
- 2018/09/19(Wed) -
New Mind Jazzの第7曲目『Beyond the Horizon』  邦題は『地平の向こうへ』

私の仕事場(スタジオ)は山の中にある。
その丘を下ったところに細い川に沿って街道が
ある。 

ある日その街道を散策をしていると、
馬が走ってきた。全速ではなく、パカパカとゆっくり。
なんと珍しい!と思いなから眺めていると、
馬がいなないた。 ヒヒーンと。
馬と目があった。「お前はこんなところで何してるんだ」
と言われた気がした。
それはお互い様だ。
その後、馬は何事もなく山あいの街道を地平線に向けて走り去っていった。

しばらくボーッとそこに佇んだが、スタジオに戻り
作った曲がこの曲だ。
躍動する低音のオステナートリズムからバイオリンとシンセ口笛によるメロディ。
ソロはウード、トルキッシュフルートから西アフリカを代表する楽器
ジャンベソロへ。
馬に感謝しなければならない曲だ。

SOAジャケットカード32

『Beyond the Horizon』









この記事のURL | アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『Spirit of Asia/アジアの香り』各曲制作ノートNo.6  『アジアの香り』
- 2018/09/18(Tue) -
 New Mind Jazzの第6曲目。邦題は『アジアの香り
アルバムのタイトル曲である。

今回の制作にあたり、5つの文化と文明のカテゴリー
を作り制作にあたったが、そのカテゴリー4にあたる
メソポタミア文明。
いわゆるチグリス、ユーフラテス川地域を元に
栄えた文明にある音がヒントになっている。

この曲作りでは、スリットドラムを多く使っている。
なんと言うのだろうか。木琴のようなマリンバのような
不思議な音である。
その音に乗り、中東リズムの上をウード、ネイの笛の音が、
スーフィのメロディーを奏でる。

ゆっくり流れる悠久のアジアの雰囲気が曲全体から
醸し出される。

SOAジャケットカード32

『Asia no Kaori』




この記事のURL | アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自然の猛威
- 2018/09/16(Sun) -
 9月6日地震が起こった。震源は北海道厚真町。
震度は7。近郊の苫小牧市で震度6-、鵡川町、安平町で
震度6+。 死者の数は44人。
dims-1.jpg 
今回の地震は内陸で起きた地震、津波はない。
東日本大震災の時も震度7で死者は約15,000人。
こんなに死者が多いのは海中で起こったため、
大津波が発生したためだ。

今回の地震も海中で起きていたら必ず津波が発生。
被害規模も相当大きくなったはずだ。
dims.jpg 
それでも普段見ないことに、大規模停電がある。
それも北海道全域である。
こんなことは65年の人生で記憶にない。
震災当日震源に近い苫小牧に向かったが、なんと全ての
町の明かり、信号が消えている。

徐々に震源地も復旧している。
それでも、もう元に戻らない地域もある。

『天災は忘れた頃やってくる』という格言があるが、
今は忘れる前にどんどんやってくる。
心の準備をしていても、大きな天災の前に人間は
なすすべがない。

今、世界中が自国第一主義と称して、自分の国のことばかり
を大切にする意見が見られる。
そんなことを全く意に感ぜず大きな天災はやってくる。

叡智があると言われる人間。
その叡智をこの大きな災害に結集しなくてはならない。
これから人間の知恵と叡智が問われる。










この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『Spirit of Asia/アジアの香り』各曲制作ノートNo.5  『Byakuya』
- 2018/08/30(Thu) -
New Mind Jazzの第5曲目。邦題は『極北の大地』

この曲を作っている時、ずっとあったイメージが極北の
シベリアの地に現れるという『オーロラ』。

極寒の地の夜にたなびくオーロラの群れ。
その中を一筋の光のように現れる天上の声。
オーロラの祭典の始まりを告げる、低音のメロディー。
祭典は激しさをまし、オーロラのDANCEへと。
オーロラの祭典はクライマックスまで達し、
ドーンコーラス(暁のコーラス)と共に天上に
帰るオーロラ。

後半部分でバックに流れるドーンコーラス(暁のコーラス)
は、地球の磁気圏と太陽風の相互作用により生じる自然現象。
朝の鳥のさえずりにも似ていることから付いたもの。

SOAジャケットカード32

『Oriental Chorale』




 
この記事のURL | アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『ある天才の仕事』
- 2018/08/27(Mon) -
ある天才がいる。
鬼才とも奇才呼ばれている。

彼は油絵、イラスト、書画、線画、郷土史研究と
様々な方面に足跡を残した。
その中でも異彩を放っているのが、この『古事記』だ。

8mm台の消しゴムから文字を掘り出し、日本最古の
歴史書『古事記』を作ったものだ。
作った文字数1500個、製作年数6年。

一つ一つ、色文字にして綺麗に印を押す。
そのどの一枚も異様なオーラが伝わってくる。
誰にも真似のできない世界だ
彼の名は『岩田道夫』という。
古事記01

古事記1

古事記2

古事記5

古事記6





この記事のURL | 岩田道夫作品 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>