スタジオ改修.2015.最終回その.3
- 2015/06/21(Sun) -
 春を迎え改修も最後が見えて来た。
そんなことで改修記もこれが最後です。

手つかずで残っていた、楽器置き場となっている所。
ここ本当は録音場所にしたかったが、どうもそうはならない。
結局こんなに。
befor
IMGP2122.jpg
after
IMGP2541.jpg
録音場所を作るはずが木工作業スペースに。
何と言うこと・・・。

雪が溶けると外の作業も出来る。
そんなことで、残った柱材で色々な物を作りまくった。
IMGP2240.jpg
これはCD棚。
IMGP2343.jpg
ウッドデッキ風アプローチ。
IMGP2419.jpg
ウッドデッキ風ケーブル掛け。
IMGP2521.jpg
作業テーブルとウットデッキ風作業用具ラック。
IMGP2481.jpg
木製小物棚。

などなど木製品を作りまくった。
今にして思うと、スタジオの約7割は機材の山。
好きとはいえ非常に疲れる。
そのバランスを取るため、快適に作業する為に
作っていたとも言える。

その快適の一つも、この小さなハーブ畑。
IMGP2400.jpg
生き物を育てるのはなかなか良いものだ。
これは当然自分の口に入る。
あとは、最後の作業、屋根の塗装をすれば終了。
befor
IMGP2488.jpg
after
IMGP2526.jpg
中はほぼこれで完成。
IMGP2565.jpg

IMGP2566.jpg
これで長かった改装も終了。

昨年10月からだから、8ヶ月毎日通いシコシコと作業。
何か『交響曲』を一曲書いた気分だ。

この期間沢山の事を勉強し、沢山の事に挑戦した。
これからここでおおくの事に『挑戦(クリエイティブ)』したい。

これで、改修記はひとまず終わりとしたい。

『おわりのうた』
朝の祈り、昼の祈り、夜の祈り
人はたえず自分の為、人の為に祈ることのできる存在です。
大きな自然界にあり、特定の対象の為に祈りを持てるのは
人間(人)だけです。しかし、鳥、虫、花を見る時、作為
のない祈りを感じるのはなぜだろうか。
自分はこのような祈りをもちたいと思う。
                 2015.6 佐々木義生











この記事のURL | MIND JAZZスタジオ改修記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スタジオ改修.2015.最終回その.2
- 2015/06/07(Sun) -
 12月も中に入りようやく機材の搬入だ。

頭の中でレイアウトを思い描いていたが、
思った以上に狭い。
というより、機材が大きい。
IMGP1747.jpg
以前にも書いたが、このでかいモニタースピーカー。
英国ロジャースのもので、どうしても使いたかったがサウンドが
部屋のサイズに合わない。そのため断念。
と、言うより動かす為の体力がなくなった。一人で動かすには
重すぎる。
IMGP1752.jpg
外に一時避難していた機材楽器も徐々に運び込む。
この大まかなレイアウトは最後まで変わらない。
しかしモニターがおおい。電気がどんだけかかるのだろう。
不安になる。
IMGP1782.jpg
2台のミキサーとシンセ関係。
膨大なメンテナンスと配線はまだこれからだ。
IMGP1813.jpg
一番ああでもない、こうでもないとやったスピーカー決め。
結局、定番ヤマハ10M、セレッション5、ジェネレックのスモール
3個に落ち着く。
IMGP1883.jpg
メインのこの部屋。良く聞くとフラッターエコーが出ている。
そんなことで、吸音材を張り調整をする。天井にも張りたい所だが
思案中だ。
IMGP1993.jpg
季節も1月。レイアウトから一番気の重たかったミキサーの
メンテナンス。これに約1ヶ月。あらゆる機材を開け、メンテナンス
しまくった。本当に勉強になった。あらためて古い機材の良さも
体感出来た。が、もう一度するかといったら、もうやりたくない。
ほんと、大変だった。すべては、音楽を作る為にやっている
ことだから、良しとしよう。
IMGP2075.jpg
季節も2月。
メンテナンスが終わり、ようやく配線を始める。
何とか楽をして、以前のケーブルを使おうと思ったが、
長さが少しずつ足りない。やむなく気合いを入れて
全交換、製作することに。楽器以外でマメを作ったのは
いつ以来だろう。
プラグイン全盛の時代に珍しいアナログ音源ラック。
『物が捨てられない症候群』なのでしょうがない。
IMGP2456.jpg
この赤いケーブルはベルデンの優れもの。
青は、モガミ。
IMGP2177.jpg

IMGP2106.jpg
配線がやや終わった段階でもう、春。
雪も溶け始める。
この段階で改修作業も少し最後が見え始める。

その.3に続く。


この記事のURL | MIND JAZZスタジオ改修記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スタジオ改修.2015.最終回その.1
- 2015/06/07(Sun) -
 去年の10月から始めたスタジオ改修も8ヶ月かかりようやく最終回。

感動と言うより、ようやく終わるかと言う感じです。
この書いているブログも、今後もう改修はしないので
人生最後の改修記などと思うと、何か淋しさがよぎる。

そんな事で今はやりの『ビフォー&アフター』ならぬ
『スタジオ改修温故知新』を書いてみたい。

今回の改修スタートはまだ夏の8月。
老朽化の激しい昭和40年代の家。
これはこれで味わいがあり良いのだが、如何せん
冬がめちゃくちゃ寒い。調べてもらったら、そりゃそうだ。
断熱材が一切入っていない。
プラス30年近くも使っていると、物の山。
お金の山なら良いが、機材とゴミのやま。
IMGP0905.jpg
今年はや還暦を迎え、そんなに長くない先。
『気持ちよく仕事をしたい&温かい所で仕事がしたい!』
改修の決定はこの2点だ。
IMGP0772.jpg
築50年にもなる家、中を開けるとどうなっているか。
当然、柱は腐り、間取りも悪い。
当初、温かくなれば良い!から始めたが、それでは
だんだん済まなくなった。
テレビでは骨組みが出るまで解体し、作業するがそれをやっていると
何年かかかるか分からない。
と、言いながらほぼ全面改修に近くなった。
今回の現場監督は友人の一級建築士の高橋さん。
施工中 外観 1
季節も11月に入り雪も降り始め、寒い作業現場。
作業する人も大変だ。
4.5帖(パーク側) 角柱等の腐れ
壁をはがすと案の定、腐っている。
これを交換、柱の立て替え。それから断熱作業。
やることありまくりだ。これは、興味があるが私は
手出し出来ないプロの世界。しかし、プロの作業は
速い。
施工中 4.5帖 床組完了(富沢側)
ここは、大きいミキサーを置く予定なので、床の全面張り替え
と補修。
施工中
これは、部屋を機能的に使いたいため、柱を抜いた。その補強のために
梁を補強した所。こんなに柱抜いて大丈夫かなと思うが、
建築士が補強すれば大丈夫と言う。これも、私の知らないプロの世界。
IMGP1735.jpg
外がやや終わり中は、クロス貼りの作業。
今回はクロス貼りの名人が貼ってくれた。
この作業の期間と例年行っているジャズマンスイン旭川の開催と
重なっている。その為、全部の荷物は運び出せない。荷物のあるのは
そのため。だから、鍋まである。
このクロスの張っていないところ、吸音材を貼る予定だったが
大幅に予定が変わってしまった。しかし、ゴミだか機材だか分からない部屋。
IMGP1737.jpg
外の外壁工事が終わった所。
もう、12月に入っているが、今年は雪が例年の3分の1。
本当に助かった。
ここまでは私が何も手出しが出来ないプロの世界。
やはり職人と言うのはすごいものだ。


職人尊敬します。

最終回その.2に続く。

この記事のURL | MIND JAZZスタジオ改修記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スタジオ改修.2015その.11/最終回の一つ前
- 2015/05/14(Thu) -
 ここのスタジオには友人で昨年急逝した、岩田道夫君の
作品が多く飾ってある。
MIND JAZZ MUSICを作りにここに来て、30年来彼がいつも
書いてくれたイラストがある。
酒を飲み交わしながら『空からこんな感じで虹が降ってくる感じ・・・』
と言うと、次の日には素晴らしいイメージイラストが50枚くらい出来上がって来る。
あまりの仕事の速さに、『プロならどんだけ儲かるかねえ・・』と、いうと、
『お金が絡むと緊張して全然描けない』と言う。
IMGP2229.jpg
根っからの芸術家と言うか、彼は孤高の芸術家だった。
巨大ミキサーの正面には、彼が最後に書いた30周年コンサートの
為のイラストが飾ってある。
もうこういうイラストが見れないと思うと寂しさが募る。

正面の玄関には彼が掘ったゴム印から起こした看板がかかっている。
IMGP2232.jpg
この週はインテリアをぼちぼちと。
長く籠って作業をする空間は、機能的ではなく落ち着ける
事が第一だ。
IMGP2267.jpg
この絵は菅沼順一画伯の油彩画。彼も又、孤高の芸術家だった。
お寺の絵などはひっくり返る程迫力がある。
IMGP2272.jpg
今回、音楽以外の事は自分でもやったが、Tさんに多くの協力を
してもらった。玄関の直しからサイディングの交換まで
本当に器用な人だ。
IMGP2284.jpg

IMGP2309.jpg
ここの最後の作業は屋根作業と庭作業。
ここは家は建っているが元々山の中。
当然傾斜地だ。傾斜地をそのままでは水はけが良くない。
そこで庭作りの作業となる。
TPが本職のK君に頼み敷石作りから。
IMGP2283.jpg
多くの人の手がかかり出来上がろうとしているスタジオ
次回は多分最終回。 ・・・・にしたい。

季節は若葉が徐々に濃くなり、夏の香りがしてきた。
IMGP2258.jpg








この記事のURL | MIND JAZZスタジオ改修記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スタジオ改修.2015その.10
- 2015/04/29(Wed) -
 長らく続いているスタジオ改修作業の配線作業も
ようやく終了。

ほんと、長かった。
根気と根性が付いた。

配線のためずっと横向きだった音源ラックも
やっと正面に。
IMGP2171.jpg

IMGP2182.jpg

IMGP2176.jpg
残りは調整作業を残すのみだ。

ケーブルも何百本作ったのだろうか。
たぶんもう一生作らない位つくった。
マイクケーブルなどサクサクと。
随分うまくなった。しかし音楽とは何の関係もないけれど。

外工事、玄関、その他色々残っているが、機材関係は
これで終了。
デジタルあり、アナログあり、テープありの温故知新スタジオ
となった。

嫌いなため冷遇されていたデジタル卓もちゃんと復活。
この卓嫌いなのではなく、使う場面を考えてやると本当に
よく機能する。これ人間とおなじ!
IMGP2179.jpg
こうして色々な機材を見直してみると、1970年代から2010年まで
40年の機材が同居している。
それぞれに顔がありそれぞれの特徴がある。
古いものは大切に少し使う、新しいものは買い替えが聞くので
ガンガン使っても大丈夫。
何か千差万別の人のようだ。

機材と言えば心残りの事がある。
数年前深く考えず、アナログの機材を多く手放した。
こんな改修するなら手放さなかった。
IMGP2437.jpg 
今回、電気屋さん、大工、塗装屋さん、クロス屋さんと
本当に色々勉強した。勉強になった。この歳で。
色々あるもんだ。

次回はその何でも屋さんをのせて終わりとしたい。
ほんとに長いわ・・・・・。


















この記事のURL | MIND JAZZスタジオ改修記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>