FC2ブログ
NewMindJazz Songbook『Earth Festival/大地の祭典』第5曲目『ハルカルカ』
- 2019/11/11(Mon) -
Songbook『Earth Festival/大地の祭典』第5曲目『ハルカルカ』
アップします。

新しい曲を作る時いつも外を歩く。
そして空を眺める。
IMGP9052.jpg
何箇所かお気に入りのスポットがある。
そこで雲が流れる、鳥が飛ぶ、陽の移り変わりを眺める。
動きが速い日、遅い日どれも良い。
IMGP9039.jpg
曲はアッポテンポのサンバタッチ。
空を眺めていたらパーカッションアンサンブルが聞こえてきた。
今回の曲で一番シンセメロディが聞こえる曲。
大地の祭典ジャケットカード2

『HARUKARUKA/ハルカルカ』




この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
NewMindJazz Songbook『Earth Festival/大地の祭典』第2曲目『水の精の踊り』
- 2019/10/23(Wed) -
NewMindJazzの第2弾『Earth Festival/大地の祭典』第2曲目『水の精の踊り』
をアップします。

毎年4月下旬川歩きをする。
水は雪解け水で冷たい。
川べりは春を感じた草木が一斉に咲きほこる。
どの植物も樹々も喜びにあふれている。
IMGP8326.jpg
とうとうと流れる大河も好きだが、繊細に流れる雫のような
川も好きだ。
川歩きをするといつもフッと聞きなれない音に耳押すます。
虫でもなく鳥でもない。
懐かしい不思議な音だ。
私はその時『水の精が踊る音』と称している。
IMGP8333.jpg
そんな時に聞こえる音楽が『水の精の踊り』だ。

大地の祭典ジャケットカード2

『Water Nymph’s Dance/水の精の踊り』




この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
NewMindJazz Songbook『Earth Festival/大地の祭典』第1曲目『春古風』
- 2019/10/22(Tue) -
NewMindJazzの第2弾『Earth Festival/大地の祭典』第1曲目『春古風』
をアップします。
この曲集は前半5曲は日々の中から雫のように生まれたもの、後半4曲は
古代海洋民族『モヨロ』を元に発想、制作した。
 
第1曲は万葉集に『春に古(いにしえ)よりふく風あり』の言葉から発想。
この地には厳寒の2月、春に向かう訪れを知らせる風が吹く。
P1050356.jpg
ほんのわずかな違いの風である。
その日を境に厳寒の寒さが和らぎ一変に春に向かう。
IMGP8229.jpg
厳寒の晴れた日、ふっと頰にあたる風。
半年間の冬の生活で硬くなっていた心が一気に解け始める。
その風(春古風)を表したものである。

大地の祭典ジャケットカード2 

『HARUKAZE/春古風』



この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
NewMindJazz第2弾『大地の祭典』終了。
- 2019/10/19(Sat) -
 今年の初めから取り組んでいた、新しいMindJazzMusic『大地の祭典』
作りがようやく終わった。
昨年は同じ正月とともに作曲を初め、7月には終了していた。
今回は最後の2ヶ月くらいは一つの曲をああでもない、こおでもないと
時間を使ってしまった。 
もう、10月後半。雪が降る前に終わってホッとしている。
なんでそんなに時間がかかったかというと、それは録音方法からくることでもあるが、
何重にも音を重ねると、歪みが生じるというもの。
すべて生楽器ではそういうことは起きないがプラグイン全盛の今時、時として歪みが起こる。
原因がなかなか見つからない。
今回は妥協なしと決めていたので、やるところまでやったが、まだ不満なところが
ある。
大地の祭典ジャケット1
全9曲、最初5曲は日々の生活から生まれたもの。
後半4曲はオホーツクの古代海洋民族をテーマにしたもの。
まあ〜、いろいろなリズムの曲満載である。
大地の祭典バックカード1
このブログ上でも音をぼちぼちアップしていきたい。
何か今回は、疲労が溜まっている。
12月中旬くらいにはお披露目のソロコンサートなるものを計画中。
さてどうなるか。

この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アジア一帯にあるスロートシンギング(喉歌)
- 2018/12/18(Tue) -
いろいろ調べていると、樺太、北海道アイヌの中にも
イヌイットと同じ喉歌がある。『レクッカラ』という。
音声と映像を探したがまだ見つかっていない。

資料では最後の口伝者は1973年になくなっているらしい。
アイヌのものはイヌイット微妙に違い、一人が声を送り
一人がそれを変調するというもの。
いわゆる二人ムックリだ。

映像はイヌイットの喉歌とモンゴルの喉歌(ホーミー)
の共演。








この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>