FC2ブログ
サクラ散る。
- 2019/05/15(Wed) -
 今年も目を楽しませてくれたも終わり。
ここは高台の山の中なので、まだも残っている。
IMGP8416.jpg
今年も空を眺める。
何か例年より青々としている。
何だろう。
本当に真っ青という感じ。
IMGP8446.jpg
散り際のを撮る。
微細で繊細な花びらが何とも綺麗だ。
もこの時期からまた1年冬眠にはいる。
しかし、自然の摂理は不思議なものだ。
IMGP8418.jpg
鳥たちも春の合唱をしている。
のどかな春の日。




この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜咲く。
- 2019/05/06(Mon) -
 10連休の後半の日曜日に街場の公園を散策する。
連休中のため人は多めだ。
桜がほぼ満開となっている。
IMGP8388.jpg
あわせてコブシも一緒に咲く。
IMGP8389.jpg
桜の寿命はほんと短い。
しかし、1年長い準備期間を経ての開花。
何かに書いてあったが、蕾から花びらが開き
散ってからも来年に向け着々と準備している。
人間にはなかなか出来ないこと。
特に私は出来ない。
IMGP8357.jpg
静かな日没の時間。
今日も良い日。





この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春を眺めて歩く。
- 2019/04/28(Sun) -
 今日は風は冷たいがよく晴れ渡った日。
久しぶりに川伝いを歩く。
IMGP8342.jpg
この時期川の水が増えているので、川歩きはできない。
川沿いに緑は少ないが、小さな花がいくつも咲いている。
IMGP8326.jpg

IMGP8331.jpg
なかなか良い光景だ。
川の音も爽やかで耳に優しい。
録音ばかりやっていると、仮想空間にいるような気になる。
そう言う時はひたすら外を歩く。
IMGP8351.jpg
この時期は獣道も歩ける。

帰るともう夕日が沈む頃だ。
初夏も近い。
IMGP8320.jpg



この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年もとりあえず雪
- 2019/01/08(Tue) -
 昨年暮れから今年にかけ、延々と雪が降り続いている。

ここは旭川郊外の山の中。
この雪で近くのスキー場も息を吹き返したように賑わっている。
P1050357.jpg
昨年から創っているオホーツクを題材にした曲も
4つ目に入る。
予定では10まで行ったら打ち止めの予定だ。
さて、そこまで出てくるかどうか。
楽しいような、不安なような。

ここでの創作は毎日の何気ない自然の表情から
生まれる。




この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬に向かう気持ち
- 2018/12/29(Sat) -
 雪がなんとも少ないと思っていた今年の冬。
この地では11月から3月下旬まで雪に覆われる。
約5ヶ月間、しんしんと雪が降る時期となる。
IMGP8081.jpg
ここに居をかまえて36年目の冬だ。
36年前の冬はどうたったかというと、本当に寒かった。
零下20度はざらで、2週間もその気温が続く。

私は北海道生まれ、寒さには強い方だが、零下20度が
2週間続くここの気候は、それはそれは厳しかった。
ぬくぬくとしたマンションに住んでいたわけではない。
平屋の隙間風の入る家に住み暮らしていた。
IMGP8072.jpg
その時思っていたことは、ひたすら新しい音楽を作りたい
ということ。 その気持ちが寒さを忘れさせた。

生命が一斉に蘇る春、新緑が眩しい夏、あっという間に通り
すぎる秋、そして長い冬。
どの季節も36年間創作の糧にしてきた。
これからもその姿勢は変わらない。

変わらないが、1年ずつ大切に四季を感じたい気持ちが
ますます強くなった。
今年も暮れ行く。




この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>