FC2ブログ
元日に思う
- 2019/01/02(Wed) -
 元日に思うことは成就しないというが、昨年も書いたので
今年ももしかしたら願いが叶うかもしれないので書こうと思う。

作曲をやっている職業柄、願いは良い曲を書ければということに
尽きるが、最近はそれより体調が良く長生きしていく中で
良い曲を書きたいと思うようになった。
IMGP8090.jpg
精神の持続と肉体の持続は別なもの。
もう還暦もとっくに過ぎたので、しぶとく生き
少しでも良い曲を書きたい。
発表はともかく先に曲を作る。

好きな作曲家に武満徹がいるが、彼の亡くなった年齢も
超えた。
晩年病気だった彼は何を考えて曲を作っていたのだろうか。

曲はTVの為に作曲した『波の盆』





この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山(スタジオ)から便り。
- 2018/12/31(Mon) -
今年も暮れ行く。
1年仕事してきた仕事場も3年が過ぎ、レイアウトがようやく落ち着いた。
この1年ほとんど変えていない。
IMGP6337.jpg

IMGP6340.jpg
今年は『Spirit of Asia』の音作りにあけた年。
頼んでいた音楽ノートの英訳版もできた。
これで、世界発売となるかどうかはわからない。
SOAジャケットカード32

音楽ノートEN09
今は、次の音を考えている。
この旭川という地にきて、来年36年目。
49107936_1762420927196408_1073847347051495424_n.jpg
オホーツク海にも日本海にも太平洋にも近く、先住民族の資料も多い、私にとって最適な場所。
けして不毛の地ではない。来年も音作りに明け暮れるだろう。
皆様今年もお付き合いいただき、ありがとうございました。



この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ある日の夕暮れに思う
- 2018/12/09(Sun) -
今日は12月9日、季節は師走に入った。
今年を総括するにはまだ早いが、来年のことをボ〜ッと
考えている。
今年はアジアをテーマにした『Spirit of Asiaアジアの香り』
を制作する年で暮れそうだ。 
この作った曲は、ライブで演奏することも目的としている。
アジアの様々な楽器に触発されて作ったが、一時の観光気分とは違う。
あくまで、ここの風土から触発されたものが、アジアの素材とつながり
出来上がったものだ
SOAジャケットカード32
来年はこの地に来て36年の月日が流れる。
40年も近い。
風土に根付くと言いながら35年が過ぎた。
次回の創作は、『古代のオホーツク文化』に目を向ける。
オホーツクの地も時代の移り変わりに関わらず、土地に根ざす
人がいる。風土がある。歴史がある。
IMG_0036.jpg




この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白地に赤い紅葉。
- 2018/11/03(Sat) -
 今年は山の仕事場にこもる事が多い都合
おおくの紅葉を眺めた。
IMGP7723.jpg
日本人は紅葉が好きだ。
特に赤い紅葉が。
なんでか考えてみた。

紅葉があるのは世界的に見てもかなり少なく
温帯地域のほんの一握りだ。
それも木が落葉広葉樹のあるところ。
IMGP7728.jpg
そして、落葉樹の種類が日本で26種類、カナダで13種、
欧州で13種。倍近くも種類がある。
chuubu01.jpg 
なんでか?
氷河期に日本列島で広葉樹が生き延びたからで、
一方北米大陸や欧州では氷河のため落葉広葉樹が死滅
したかららしい。

プラス、日本列島では暖かい海岸線や内陸部の起伏に富んだ地形に
守られてこれらの落葉広葉樹が生き残ることができた。
という事は、自然の偶然が重なり今ある紅葉になっている。

なんで紅葉し葉が落ちるか?
秋になり気温が低下し、太陽光を取り込むため。
その前段階として紅葉し、葉を落とす。
そして越冬し木は生存を図る。

と、ここまで調べるとなにかしみじみとしてきた。
もう時期雪の季節も近い。






この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自然の猛威
- 2018/09/16(Sun) -
 9月6日地震が起こった。震源は北海道厚真町。
震度は7。近郊の苫小牧市で震度6-、鵡川町、安平町で
震度6+。 死者の数は44人。
dims-1.jpg 
今回の地震は内陸で起きた地震、津波はない。
東日本大震災の時も震度7で死者は約15,000人。
こんなに死者が多いのは海中で起こったため、
大津波が発生したためだ。

今回の地震も海中で起きていたら必ず津波が発生。
被害規模も相当大きくなったはずだ。
dims.jpg 
それでも普段見ないことに、大規模停電がある。
それも北海道全域である。
こんなことは65年の人生で記憶にない。
震災当日震源に近い苫小牧に向かったが、なんと全ての
町の明かり、信号が消えている。

徐々に震源地も復旧している。
それでも、もう元に戻らない地域もある。

『天災は忘れた頃やってくる』という格言があるが、
今は忘れる前にどんどんやってくる。
心の準備をしていても、大きな天災の前に人間は
なすすべがない。

今、世界中が自国第一主義と称して、自分の国のことばかり
を大切にする意見が見られる。
そんなことを全く意に感ぜず大きな天災はやってくる。

叡智があると言われる人間。
その叡智をこの大きな災害に結集しなくてはならない。
これから人間の知恵と叡智が問われる。










この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>