MIND JAZZの風景/山の夕日
- 2014/11/15(Sat) -
 山の夕日が好きだ。
特に高い山の夕日が好きだ。
下界を見下ろしての夕日が好きだ。

1年に何回か、同じ場所で同じ時間に夕日を見る。
春夏秋冬それぞれに違う。

なにか体の細胞が洗われるようだ。
命の洗濯ではないが、下界では何かと垢がたまる。

いつもどっかりと構えている山を見てると、
自然に体が浄化されて行く。

きっと、5000年前も人間って同じことしていたんだろうな
と、想う。

山の夕日が好きだ。
IMGP1321.jpg  


この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
MIDAS レジェンド3000
- 2014/11/04(Tue) -
 9月からぼちぼちと改造している山のスタジオ。
季節は11月となり外は吹雪だ。

山の仕事場は旭川郊外の高台にある。
というより山の中だ。

そこで、アナログ機材としこしこ格闘。
時代は完全に省エネ、デジタル、ミニコンピュータの
時代である。

そんな時代に全く時代に逆行している機材の導入。
『MIDAS レジェンド3000』録音ミキサー。
これとにかくでかい。重い。100キロ以上はある。

これで何をするか?
最近この仕事場にもプラグイン機材が入って来た。
便利だがどうも気に入らない。
音が。
機材内部で作った音を、外に出さずに完成。
これがどうも気に入らない。

この仕事場、40年以上も前の古い家。
断熱材も入っていないので、冬は昭和の寒さを体感出来る。
自分が小さかった頃の寒さだ。
すきま風も入り、尚更寒さが身にしみる。

東京のスタジオで録音しているのとは訳が違うのだ。

毎日同じ窓から四季の移ろいを眺め、暑さ、寒さを体感し、音楽を作る。
こんな生活を30年もしていると、作るというより生活に近いかもしれない。

四季と気候と生活と音楽。
これが『MIND JAZZ』かも知れない。
DSCF3220.jpg  




この記事のURL | MIND JAZZ機材環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |