FC2ブログ
2018年のはじめに「孤高の画家、熊谷守一」をおもう。
- 2018/01/02(Tue) -
 2018年のはじめに思うことを書いてみたい。
このところ何とも体調がすぐれない。
そのせいもあり籠ることが多くなる。
籠るっていると世の中の動きよりも一人の世界で
考えることが多くなる。
そんな中ずっと気にかかっている人間がいる。
熊谷守一不世出の孤高の画家だ。
守一
彼ほどこの世離れした創作を行った人間は他に知らない。
大上段に芸術を語るわけでもなく、芸術仲間と会を作るわけでもなく、
いつもの仲間とも言える、妻と猫の3人で飄々と暮らし、静かに創作し、
97歳で息を引き取った。

社会的名声も地位もお金も全く無縁の97年間。
彼の言葉がある。
『景色をみているでせう。そうすると、それが裸体になって
見えるのです。つまり景色を見ていて、裸体が描けるんです。
同じやうにまた裸体を見ていて、景色が描けるのです』

守一95歳の境地である。

こんな自由な境地を持ちたい。
今日も下界と天上を行き来している。
20181.jpg

この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |