FC2ブログ
夏の終わり。
- 2019/08/13(Tue) -
 ここ(旭川)の夏も終わった。
気温は30度前後を上下していたが、今は20度前後。
頭もすっきり、働くようになる。
暑さから解放された草花も瑞々しい。
IMGP8978.jpg
関東、関西ではまだまだ猛暑日が続く。
この地に来たのは36年前(1983年)だ。
その当時25度もあれば十分夏を感じることが出来た。
今は7.8度も上がっている計算になる。

ここ(旭川)にいても温暖化の影響を感じるこの頃だ。
ひょんなことから小惑星が地球に衝突するDVを見た。
恐竜が絶滅したと言われている原因だ。
あっという間に人類は絶滅に追いやられる。
突発的な自然の災害になすすべのない人間。

人間は『万物の霊長』と言われているがそんなはずはない。
これは孔子が言った言葉とされる。
人間が本当の『万物の霊長』になるのはいつの日だろうか。
夏の終わりにそんなことを思っている。




この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アジアンジャズ(NewMindJazz)の創作第2弾。
- 2019/08/04(Sun) -
昨年暮れからAsian Jazzの第2弾『大地の祭典』を作っている。
今回のテーマはアジアの最東端『オホーツク』をテーマにしたもの。
ここオホーツクにはアイヌ民族よりも古くから居住している
海洋民族が多くいる。古代海洋民族として知られるのは網走界隈に
痕跡が見られる『モヨロ人』である。
これは今はモヨロ貝塚として痕跡が見ることができる。

西はシベリア、東はアリューシャン列島からアラスカまで、
古代海洋民族地域は続いている。
先のモヨロ人は先住民族アイヌへの歴史的橋渡しをしたことでも知られる。
この地域は多くの民話が残されている。素材の宝庫なのである。

今回、9曲作っているが、後半4曲は『組曲オホーツク讃歌』とした。
ここには、アジアの様々な楽器のほか、シベリア、樺太に見られる、
少数民族ニブフ(ギリヤーク)、ウィルタ(オロッコ)の楽器が渾然一体になり
音楽を作る。
神々の森2

『オホーツク讃歌第1曲.神々の森』



この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |