FC2ブログ
16.和製ジャズ温故知新2019/銀巴里セッション
- 2019/03/31(Sun) -
終戦の色が少しずつ薄くなる1963年、「銀巴里セッション」が開かれる。
主催は「新世紀音楽研究所」。
何とも固いすごい名前である。
 
日本のジャズのスタートをきったのが1954年「モカンボセッション」
とすれば、この1963年「銀巴里セッション」は日本のジャズそのもの
を創作し始めた記念碑的セッションと言える。
16の1
ギタリスト高柳昌行、ベースの金井英人を中心に、日野皓正、菊池雅章
富樫雅彦、稲葉国光、山下洋輔、中牟礼貞則ら日本の将来をになう若手が
集結、セッションをする。
16の2
このセッションは「銀巴里セッション1963」として録音に残る。 
それぞれのメンバーが個性を発揮し、自己のグループを
後年結成することになるが、この時最も存在を示したのが、高柳昌行
である。そんな彼も1991年58歳で病死する。
16の3
この時期、現代音楽の場も草月アートセンターを中心に武満徹、
八木正生、三保敬太郎、黛敏郎を中心にクラシックの新しい動きを
模索するためジャズとの接点を探るべく「草月ミュージックイン」
として活動をおこなう。
16の4 
特に作曲家として世界に名高い武満徹は、デュークエリントンの
サウンドを研究し、後の自分のサウンド「タケミツトーン」を
作り上げる。
こうしてジャズ、現代音楽、美術、評論のジャンルを巻き込みながら
日本独自の音楽を作り上げようとする流れが生まれるのである。


この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<17.和製ジャズ温故知新2019/武満徹とジャズ | メイン | 15.和製ジャズ温故知新2019/日本初のダンスバンド・波多野バンドとオーケストラ>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://mindjazz.jp/tb.php/167-b2eaa352
| メイン |