FC2ブログ
20.和製ジャズ温故知新2019/最終回ジャズからフージュンへ
- 2019/04/06(Sat) -
和製ジャズ温故知新2019の最終回である。

1960年から日本のジャズを積極的に創ろうという動きは、
新世紀音楽研究所(高柳、金井、富樫、菊池ら)の動きと
相まり、フリージャズの手法にむかう。

これは、ジャズだけではなく現代音楽の場面でも、十二音技法
トータルセリー、シンセサイザーの導入、偶然性の音楽
チャンスオペレーション)を使った前衛的な手法を模索する。
当然であるが、フリージャズも十二音技法も一般人には
受け入れられることはない。

ジャズはフリージャズに向かう事でより一層混沌として崩壊する。
また、現代音楽も進んだ理論に押しつぶされるように、ジャズと同じ道を
たどる。70年代に入り、ジャズは電子音楽、ロック、アフリカンミュージック
とつながり「フュージュン」として活路を見出す。

この時期日本でもフリージャズを経験し、さらに新しいジャズをつくる
為、菊池雅章、日野皓正、渡辺貞夫らを中心に日本のジャズが動いてゆく。
ここまで来てはっきりするのは、フュージュンの流れにうまく乗る者、
時流に乗り切れず50年代のジャズに戻る者と、はっきり分かれてゆくのである。

20回にわたり、1920年代からから1970年まで日本のジャズを見てきた。
そこから見えるものは、日本人の特質とも言える「新しいものを取り込んで
変化させる技術」、それとジャズそのものが持っている、「どんどん変質し
生まれ変わろうとする本質」
である。

その先にジャズがどうなっていくかは、今も現在進行形のままである。
20の1




この記事のURL | 和製ジャス温故知新.2019 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<あれとこの機材 | メイン | 19.和製ジャズ温故知新2019/希代の天才ドラマー富樫雅彦>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://mindjazz.jp/tb.php/171-20f0f919
| メイン |