FC2ブログ
アジアンジャズ『森の詩』第4曲『地平とおく』/NewTango
- 2021/12/12(Sun) -
 アジンジャズ『森の詩』4曲目『地平とおく』である。
ヨーロッパを席巻していた古代ケルトの民は北へと移っていく。
民族の中で統治組織を持っていないケルトの民は屈強な組織のローマ軍になすすべがなかったのである。
地平遠くにある理想郷を求め北へ北へと向かった古代ケルト人。
今、彼らの気持ちを察してみる。
オーロラ/白夜
北欧の国フィンランドにはタンゴがある。
一説にはフィンランドがタンゴが発祥の地という説もある。
若干大人しめだが、明らかに紛れもないタンゴ。
白夜のタンゴである。
この音楽良く調べてみると、タンゴはラテン音楽という感が強くなった。
地平とおく安住の地を求める古代ケルト民族とタンゴ。
妙に融合している。
deepforest裏

森の詩/第4曲『地平とおく』


曲集『森の詩』音楽覚書へ
この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アジアンジャズ『森の詩』第5曲『ラスコーの歌』 | メイン | アジアンジャズ『森の詩』第3曲『太陽は沈まず』>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://mindjazz.jp/tb.php/202-9e898285
| メイン |