スタジオ改修.2015その.8
- 2015/03/22(Sun) -
 さて、今週はもう一つのミキサーのメンテナンンス。
IMGP2007.jpg
これは以前から使っていたもの『英国製サウンドトラック32ch』
メンテナンスと言っても先週やっていた『英国製マイダス』とは違い
本当に簡単。この簡単な回路が音の良い秘密かな。
モジュールでまとまった『マイダス』とこんなにサイズが違う。
IMGP1995.jpg
腰にも優しい。ありがたい機械。
その中のフェーダー(ボリューム可変機。言い方が古いか?)
に日本製『アルプス電気』の製品が入っている。
IMGP2012.jpg
これ操作感が素晴らしく良い。さすが、日本製。
この機械もともと録音にも使われていたものだ。
これを使ってから10年。
あと、10年持つかな。

もう一つのメンテナンスは、懸案事項の『電源トランスの唸り』。
IMGP1960.jpg
色々やってみたが、これは本体のトランスから発生している。
メーカーにも聞いてみたが、地域によっては発生しないと言う。
田舎は特に唸るらしい。
ここは、よく考えたら山の中。
唸りまくって当然か?
どうも釈然としない。
箱にも閉じ込めてみたが、効果は絶大だが、発熱が多く危険と判断
没に。この箱、遮音、防音、保温効果抜群。何に使おうか?
IMGP1914.jpg
結局、別部屋に移動。
この作業に1週間もかかってしまった。
実りが多い様な少ない様な改修作業。

『これで良い音楽が出来ないはずがない!!』
と、言ってみる。
これが終わると最後の配線作業。
4月中旬にはおわらせたい。


この記事のURL | MIND JAZZスタジオ改修記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スタジオ改修.2015その.9 | メイン | スタジオ改修.2015その.7>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://mindjazz.jp/tb.php/67-df5fbc96
| メイン |