花火2015
- 2015/07/31(Fri) -
今年も花火の時期がやってきた。

いつもの年のように、暑く短い夏には違いない。
違いないが、今年は何かが違う気がする。

何をと言われてもうまく言えないのだが。

今年はスタジオ改修したおかげで、毎日山に芝刈り
のように出かける。
日々の天候、植物の育ち方、小動物(鳥、昆虫など)の生態
が手を取るようにわかる。

そうして見てみると、自然から遊離して生きる人間の
様が浮かび上がる。

最近、街中にカラスが異常に多い。
何千羽いるのだろう。

そんなことを思いながらの花火大会。
人ごみは嫌いなのでいつもは行かないが、
今年は故岩田道夫ギャラリーから鑑賞。

花火を見ると毎回想う。
『何か儚いなあ』と。

花火は世界中にあるが、日本の花火はどこか違う。
『滅びの美学』とでも言うのだろうか。
はたまた『侘び寂びの世界』というのだろうか。
とにかく明るい気がしないのだ。

そんなことどうでも良いのだが、今年も巨大な
花火が上がった。
IMGP2858.jpg
来月はもう、お盆。
そして、秋がやってくる。










 
この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<天才、『スティーブ・ジョブスの最後の言葉』を想う。 | メイン | 蝉の鳴かない夏>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://mindjazz.jp/tb.php/82-0efa4a50
| メイン |