アナログスペースNewコーナー
- 2017/08/23(Wed) -
 2014年にスタジオ改修してから3年が過ぎた。
3年を境に、使い勝手の良いところ、悪いところを
検証し、新しいアナログスペースを作った。
IMGP6288.jpg
今までのスペースで一番使いずらかったのが、
コンピュータで作業をするスペースと、アナログスペースの
連携だ。
IMGP5815.jpg
一番問題なのが、大きなミキサーを入れたことにより
作業スペースがなくなったこと。
IMGP6202.jpg
この大きなミキサー音は好きなのだが、PA用機材のため
操作感が良くない。 もっと言うと無骨。
録音現場とPA現場では求められるものが違うので
当たり前といえばそうなる。

このスタジオには3台のミキサーがある。
1.MIDAS レジェンド3000(40ch)
※ヘッドアンプが気に入って購入したが、PA卓のため
フェーダー等の操作感が良くない。プラス使わない
機能が多すぎる。
IMGP6240.jpg
2.Sound Tracs MRX(32ch)
※もともと録音を主眼に作られた卓で、機能も最低限揃って
いる。フェーダー等の操作感は抜群に良い。
IMGP6241.jpg
3.YMAHA 02R(44ch)
※一世を風靡した02Rだ。高機能、且つ使いやすいが音が
好きでなくしばらくお蔵入りしていたもの。
最近のプラグインを主体とした録音のため復活。
IMGP6242.jpg
この3台のミキサーを連携させようと思ったが、どうもうまくいかず
結局MAIDASはしばらくお休み、ということになった。

メインはサウンドトラックと決まると、MTRも復活。
IMGP6229.jpg
3週間あまりかかったが、改修当時使えなかったロジャースの
モニターも復活。モニターもヤマハとロジャースのみ。
何かすっきりした。

合わせてロジャーススピーカ台の製作、ヤマハモニターのメンテナンス、
レコードプレーヤーの復活と、2014年改修当時出来なかったことを
全て行った。
IMGP6278.jpg

IMGP6196.jpg

IMGP6283.jpg
アナログ機材が益々復活した。
アナログ機材を日々触っていると、今時のデジタル機材のように
サクサク動かない。 プラス、メンテナンスとウォームアップが必要。
便利なことが当たり前になった現代。
アナログをさわっていると、『そんなに急がなくても良いかな』
という気になってくる。
IMGP6226.jpg
結局3週間あまりかかったが、何とも実りの多いアナログスペースの
改修作業だった。






この記事のURL | MIND JAZZ機材環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ある植物の不思議 | メイン | 8dioな日々とMind Jazz>>
コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→http://mindjazz.jp/tb.php/97-9531f0e3
| メイン |