FC2ブログ
春の花2点。
- 2018/05/14(Mon) -
春の花は清楚なものが多い。
草木も冬の冬眠を終え一斉に元気付く。
IMGP7053.jpg
川べりを散策する。
一つの見慣れない植物が咲いている。
何だろう・・・・。
IMGP7142.jpg
石のほこらに守られながら説教するブッダを
思い出す。ブッダ草ではないだろう。
IMGP7137.jpg
川べりは雪解け水で増水している。
触れてみると痺れるように冷たい。
生命にあふれた春が好きだ。
この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春が来た!
- 2018/05/13(Sun) -
例年にない厳しく雪の多い冬から開け
ようやく春が来た。
山の仕事場の周りも花が咲いている。
IMGP7094.jpg

IMGP709.jpg

IMGP7091.jpg
毎年思うことだが、四季の移り変わり
春夏秋冬は誰が生み出したのかは分からないが
本当に見事なものだ。
特に四季のはっきりしている日本では。
だが、最近は日本の一部で亜熱帯に気候が
変わったとも聞く。
確かに夏場30度以上になる。
東京では酷暑日として35度以上にも。
それに比べればここは涼しいものだ。
IMGP7102.jpg
ここ数ヶ月篭って録音の日々だが、新緑が
目に眩しい。ここにもようやく春が来た!


この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ある植物の不思議
- 2017/08/25(Fri) -
 仕事の合間にスタジオの周りをよく散策する。
散策しながら植物を観察する。
草木、色々な植物に目を凝らすと、植物の広い世界が
広がっている。
IMGP6181.jpg
この植物なんだろうと見ると『M』の文字が2対。
本当はMではなく、オシベかメシベが形になったもの
と思うが。
自然界には本当に不思議な精緻な草木が多くある。
人間界で一番精緻なもの・・それは人間。
しかし、その驚異のような精緻も意識しなければ
ないと同じ。
自然界の精緻な姿は飽きない。












この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
晴天の極寒の日に。
- 2017/01/26(Thu) -
 晴天の極寒の雪の上を歩く。

道が一筋。
歩く音、静寂の音、心の音。

ずっと昔も聴いたことがある音だ。
この音は極寒の冬だけ聞こえる。
142112jjhplmvzl8orivl2.jpg
この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2013年のある日の感動
- 2016/06/08(Wed) -
2013年ある日の出来事を思い出している。
それは何とも言えない感動した出来事。

2013年は音楽イベントを多く企画した年だ。
この年は旭川クリスタルホール開館20周年の年に
当たる。通常20周年というと、多くの市主催の企画
が行われ、20周年を盛り上げる。

ところがこの街、全くそうならない。
市主催は音楽ものでたった1本。
何とも話にならない。
怒り心頭である。
そんなことで私ども数人でこの年、計6本の大きな企画を
行った。
それというのもこのホールは自分たちが運動をして建設、完成
を見たホールだからだ。

それから企画を考える過程に入るが、どうもうまくいかない。
それはそうだ!
この企画に至る過程は怒りの感情から来ているから。

怒りは大きなエネルギーになるが、それはまた人の心を
荒廃させる。
そんな折、思案するため、とある山の頂にいった。
夕暮れ時散策をしながら、考えていると一つの光景に出会う。
IMGP7038.jpg

夕闇迫る中、町中を陽光が雲間から射す。
地上の一点を陽光が射している。
その光の場所はまるで選ばれたものが当たっているかのよう。
陽光はどこにも均等に当たっている。
暗がりのところにも無数の人々が暮らして居る。
しかし、光が選んでいるのは一点だけ。
なるほど、そうか!!
まるで人間世界、世界の縮図のようだ。

その後、その光の1点は移動しながらまっすぐ自分のところにやって来た。
強烈な温かい光が自分を包み、なんとも言えない気持ち(感動)
になり、しばらくそこに佇んだ。
IMGP7045.jpg
気がつくとあたりは闇に包まれていた。
10分のようにも1時間のようにも思えるその光景。

人間界以外がはっきりあることを垣間見た(見せてくれた)
瞬間だ。

それまであった怒りの気持ちは消えうせ、この感動はその年が
終わるまで続き、6つの大きな企画をやり終えた。

その感動は今でもはっきり思い出す。
20年続いた大きな事業が終わった年のいま、
また頂に行ってみよう。














この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>