FC2ブログ
Mind Jazzとフェビアン・レザ・パネ
- 2019/06/05(Wed) -
 令和元年6月13日(木)『Mind Jazz DUO Concert』を開く。
共演はフェビアン・レザ・パネさんのみ。
パネ写真 
パネさんとの付き合いは30年近くになるが、彼のこと少し
書いてみたい。
彼は1961年生まれだから、今年58歳になる。
初めて会ったのが1992年自分の『Mind Jazz Concert.1992』でのこと。
その頃芸大出の新進気鋭のピアニストとして売り出していた。
当時、宮野弘紀率いるアコースティック倶楽部のメンバーとしても
も活躍していた。その宮野さんからパネさんを紹介してもらった。

ヒンヤリとしたクラシカルなタッチ。クラシックの和声をしっかり
学んだ緻密に音を構成するクラシカルな奏法は私の好みだった。

宮野さんから「こだわりが強いよ!」と聞いていた。
演奏家はこだわってなんぼのもの!。
くらいに思っていたが、会ってみると「こだわり感」が半端でなかった。
それは、いろいろ話すうちに演奏だけではなく、生い立ちからも来る
こだわりということも分かったが・・。

私を含め、私の周りはいわゆるジャズベースの人間ばかりだ。
その海千のジャズの演奏の中からいつも『一筋の光』のように
音を紡ぎだしていた。

それから30年近くが過ぎ、私は他人とは本当に演奏しなくなってしまった。
芸術家にでも孤高にもなったわけではない。
本当に演奏したい時、音楽を作りたいものに集中する。
本当に音楽を必要とする人に音楽を届けたい。
そのことに尽きる。
そんな私の心情、心境でもパネさんの音はいつも私の中にある。
そんな、彼との2年ぶりの『DUO Concert』である。

彼はクラシックをベースにしながらも、アジアの民族音楽を
取り込んだ音楽を創作している。
その点は旭川を動かずアジアを視点とした創作する私と共通項も多い。
そんな彼との共演を心待ちにしている。






この記事のURL | MIND JAZZ雑感 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サクラ散る。
- 2019/05/15(Wed) -
 今年も目を楽しませてくれたも終わり。
ここは高台の山の中なので、まだも残っている。
IMGP8416.jpg
今年も空を眺める。
何か例年より青々としている。
何だろう。
本当に真っ青という感じ。
IMGP8446.jpg
散り際のを撮る。
微細で繊細な花びらが何とも綺麗だ。
もこの時期からまた1年冬眠にはいる。
しかし、自然の摂理は不思議なものだ。
IMGP8418.jpg
鳥たちも春の合唱をしている。
のどかな春の日。




この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桜咲く。
- 2019/05/06(Mon) -
 10連休の後半の日曜日に街場の公園を散策する。
連休中のため人は多めだ。
桜がほぼ満開となっている。
IMGP8388.jpg
あわせてコブシも一緒に咲く。
IMGP8389.jpg
桜の寿命はほんと短い。
しかし、1年長い準備期間を経ての開花。
何かに書いてあったが、蕾から花びらが開き
散ってからも来年に向け着々と準備している。
人間にはなかなか出来ないこと。
特に私は出来ない。
IMGP8357.jpg
静かな日没の時間。
今日も良い日。





この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春を眺めて歩く。
- 2019/04/28(Sun) -
 今日は風は冷たいがよく晴れ渡った日。
久しぶりに川伝いを歩く。
IMGP8342.jpg
この時期川の水が増えているので、川歩きはできない。
川沿いに緑は少ないが、小さな花がいくつも咲いている。
IMGP8326.jpg

IMGP8331.jpg
なかなか良い光景だ。
川の音も爽やかで耳に優しい。
録音ばかりやっていると、仮想空間にいるような気になる。
そう言う時はひたすら外を歩く。
IMGP8351.jpg
この時期は獣道も歩ける。

帰るともう夕日が沈む頃だ。
初夏も近い。
IMGP8320.jpg



この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あれとこの機材
- 2019/04/13(Sat) -
 山の仕事場の雪溶けも進んでいる。
この分では5月上旬には雪も消え桜も咲く時期になった。

新しい録音を始めるにあたり、新種のプラグインを物色している。
そんな中でも目をつけているのが、2つのプラグインだ。
一つは『izotope Neutron2』
Neutron2.jpg 
これはミックスダウン時の支援ソフト。
チャンネルから音を読み込み自動的にバランスを取るソフト。

もう一つは『izotope ozone8』
ozone8standard.jpg 
これはミックスしたものを最終段階でバランスを
取りマスタリングを自動的に行うもの。

ここでの音楽創作時は以下の進行で行う。
構想〜作曲〜編曲〜演奏〜録音〜ミックス(編集)〜マスタリング
これを一人で行うのである。構想、作曲は一人。
これには通常専門家が各分野の人間がいる。
人数にして約6人。
スタジオ2019
この作業を35年来一人でやっているが、
やや見えてきたことに、録音までは一人でできるが
編集作業からマスタリングは純粋な音楽制作とは違う
エンジニアの世界であるということ。
嫌いではないが、非常に疲れる。
できば誰かに代わってもらいたい。
そこで先のプラグインの登場である。
何でも出来るわけではないが、相当助かる。

これもコンピュータの性能がが進んできたせいもある。
しかし、こういう便利なものにも落とし穴は必ずある。
アナログとデジタルのせめぎあいはまだまだ続く・・・。



この記事のURL | MIND JAZZ機材環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>