FC2ブログ
冬に向かう気持ち
- 2018/12/29(Sat) -
 雪がなんとも少ないと思っていた今年の冬。
この地では11月から3月下旬まで雪に覆われる。
約5ヶ月間、しんしんと雪が降る時期となる。
IMGP8081.jpg
ここに居をかまえて36年目の冬だ。
36年前の冬はどうたったかというと、本当に寒かった。
零下20度はざらで、2週間もその気温が続く。

私は北海道生まれ、寒さには強い方だが、零下20度が
2週間続くここの気候は、それはそれは厳しかった。
ぬくぬくとしたマンションに住んでいたわけではない。
平屋の隙間風の入る家に住み暮らしていた。
IMGP8072.jpg
その時思っていたことは、ひたすら新しい音楽を作りたい
ということ。 その気持ちが寒さを忘れさせた。

生命が一斉に蘇る春、新緑が眩しい夏、あっという間に通り
すぎる秋、そして長い冬。
どの季節も36年間創作の糧にしてきた。
これからもその姿勢は変わらない。

変わらないが、1年ずつ大切に四季を感じたい気持ちが
ますます強くなった。
今年も暮れ行く。




この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
広い空
- 2018/12/26(Wed) -
 今年もどれだけ空を眺めた頃だろう。
昔から空を眺めるのが好きだった。
IMGP8055.jpg
晴れの日も、曇り空も、雨が降りそうな日も、
雪が降る空も好きだ。
IMGP7683.jpg
いつからか考えてみると、記憶にあるのは4歳くらい。
晴れた空をぼーっと雲が流れるのを見つめる。
形がどんどん変わるのが面白くて、気がついたら1時間
が過ぎていた。
昔はきっともっと長い時間見ていたことだろう

夕日も好きだ。
黄昏せまる夕暮れ時。
空を眺める。
IMGP7742.jpg
空の向こうにある宇宙を考える。
ゆっくりと動く地球の存在。
決して小さくない人間の存在。
IMGP7658.jpg
惜しむらくは、目で見た感動が写真では半減する。
しかし、人間の眼は良くできている。
見るだけではなく、感動を伝えることが出来るのだから。



この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日への希望
- 2018/12/20(Thu) -
明日への希望という言葉がある。

古来、人は明日に願いをかけて生きてきた。
黄昏迫る夕暮れ時、昼間の喧騒が落ち着き
大気が落ち着きをとりもどす。
IMG0006.jpg
そのずっと昔の夕暮れ時、冷気が満ち溢れ
大地の香りを感じる。
胸いっぱいに吸うと懐かしい気持ちで一杯に。

いつも夕暮れ時になるとその気持ちが蘇る。
そういう時、曲が生まれる。






この記事のURL | MIND JAZZの風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アジア一帯にあるスロートシンギング(喉歌)
- 2018/12/18(Tue) -
いろいろ調べていると、樺太、北海道アイヌの中にも
イヌイットと同じ喉歌がある。『レクッカラ』という。
音声と映像を探したがまだ見つかっていない。

資料では最後の口伝者は1973年になくなっているらしい。
アイヌのものはイヌイット微妙に違い、一人が声を送り
一人がそれを変調するというもの。
いわゆる二人ムックリだ。

映像はイヌイットの喉歌とモンゴルの喉歌(ホーミー)
の共演。








この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
古代オホーツク人の末裔ギリヤーク。
- 2018/12/17(Mon) -
 ギリヤークニブフ)は樺太中部以北及び対岸のアムール川下流域に
住むモンゴロイド系の少数民族。
樺太地域には大きくギリヤーク、ウィルタ、アイヌの先住民族がいる。
どの民族も独自の文化と言語を持っているが、共通している風習も多い。
特に北海道のアイヌとの風習は非常ににているところが多い。
img_10_m.jpg
私自身、音楽をやるので芸能、音楽のことを調べるが、ギリヤーク
独自の楽器オーストラリアのデジュリデュウと同じ起源持つヘリュートイオンカ、
中国の胡弓の起源のようなトンクルなどは興味深い。
 
この民族では、丸太を叩き楽器にする風習がある。
これは遠くアフリカでも同じようにあり、複雑なリズムを
数人で一本の丸太を叩き見事な演奏をする。
下記の映像にはトンクルの映像も出てくるが、胡弓とも
馬頭琴とも違う演奏法は目をみはる。

このギリヤークもロシアの民族同化政策により多くの文化
風習を失ったが、現代では少しずつ風習が見直されつつある。

一度文化を失ってしまうと、なかなか復活は難しい。
ギリヤークの映像を見ながら、今、民族、風習の大切さを思っている。




この記事のURL | NewMindJazz/アジアンジャズ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>